アークス幸和不動産で得するお部屋探しのコツ

Company you want to find

社宅をソーシャルアパートメントに改修工事

259 views
約 5 分

左上部のメニューより確認できます。

社宅をソーシャルアパートメントに改修工事

もそもソーシャルアパートメントとは、
入居者同士が交流できる集合住宅、という意味。
要するに広義の「シェアハウス」である。


コミュニケーションを図る住宅

ルや企業の社宅をリノベーションし、「ソーシャルアパートメント」としてコンバージョンしているのが、グローバルエージェンツ(東京都渋谷区)。

同社は2009年に第1号となる蒲田の物件を手掛けて以来、これまで35棟約2000戸を提供している。

同社の物件には、マンション内にラウンジを設け、また、キッチンなどの交流スペースを充実させている。
住人同士の自発的なコミュニケーションを誘発するような仕掛けをふんだんにちりばめている。

例えば、
今年5月にオープンした「NEIGHBORS二子玉川」では、共用スペースを大きく取っている。
その中には、最大15人が着席可能なシアタールーム
24時間自由に使えるワーキングラウンジ
ビリヤード台などが入っている。


「目指すのはSNSのリアル版。既存のネットワークを超えた、様々な人たちとの、国籍・言語を超えた出会いや交流などを生み出していきたい」(山﨑剛社長)


ミレニアム世代にヒット

アルに様々な人とコミュニケーションが取れる同サービスはユーザーに大変人気になっている。
事実、35棟全体の入居率は92%と非常に高い。主な入居者は20~30代の男女。性別も半々になっている。


この20~30代はいわゆるミレニアム世代と呼ばれる層だ。
ソーシャル・メディアを自在に使いこなし、コミュニケーションの輪を広げている。
そのような志向が同サービスにはまるのだ。


そのような、共用部の充実やターゲット層への人気により家賃を高くすることに成功している。
月額の賃料を近隣相場の1.2~1.3倍で設定しても2カ月で満室になる事例も出ている。

「他の住人との交流が付加価値として認知されているんです」(山﨑社長)

客付け、運営まで


社のサービスは、物件のリノベーションの企画から、入居者の集客、開設後の運営までワンストップで行われる。


リノベーションの企画は、開設するエリアで個別のテーマを設定している。
例えば、兵庫県神戸市の物件には音楽スタジオがあったり、神奈川県川崎市の物件にはヨガスタジオがあったりする。
しかし、これは、ターゲットを絞っているわけではなく、基本的に万人受けする内容を選んでいる。


また、専有部は1K~1LDKの中間程度のサイズで、各部屋にはトイレ、バス、ミニキッチンを用意。自室で生活を完結させることもでき、ラウンジで他の入居者と交流を図ることもできるようになっている。

他にも、施工後に問題となる集客も自社で行っている。
専用のウェブサイト「SOCIAL APARTMENT」を用意し、各物件の共用部を中心に豊富な画像でエンドユーザーにPRする。
客付けまで行うことで、オーナーの満足度を高めている。


直近5年で取り扱いが増加


社が手掛けてきた35棟のうち、2012年以降の4年間で28棟にも上る。
年間7棟ペースで拡大してきた。物件全体の6割を旧社宅が占めている。


社宅が多い理由について、山﨑社長は、次のように話す。

「定期賃借契約が終了して撤退した企業の旧社宅などを貸主のオーナーが困り、問い合わせてくるケースが多いです。
築20年程度のRC構造で建物寿命はまだまだあるため、取り壊さずに活用する方法を探している方が、紹介で当社に訪れますね」


同社は今後、このような定期賃借契約の終わった企業の旧社宅がマーケットに多く出回ると考えており、リノベーションによるコンバージョンビジネスを強化していく。(リフォーム産業新聞抜粋)

まとめ|総評

代の社会(特に都内)では、一カ所に多くの人が生活・通勤・通学やSNSの発展により、従前より人とのかかわりが多くなったようなイメージを持ちます。

しかし、実情は異なり、1人1人が自身の時間をあまりにも大切にするあまり、対面でのコミュニケーションを怠るようになってきました。

市場の賃貸物件を見ても、1Rや1Kといった、「一人暮らし用の物件」がファミリー向けの物より多く流通しております。
この、「1人」を大切にするとともに、「集団」での生活を体験することが出来る空間が、「ソーシャルアパートメント」ではないでしょうか?

これがなぜ、現在人気を博しているかを考え、弊社では、当物件に住む方にインタビューを試みました。
《回答》
弊社「なぜ、この物件に住もうと思いましたか?」
T様「近隣相場よりも非常に安く、駅からも近く便利であったため」
弊社「実際に住んでみて、常に人がいる空間に落ち着けないことは有りませんでしたか?」
T様「僕の住んでいるところは、1階に大きなラウンジスペースがあり、そこには常に誰かしらいます。
しかし、こちらが真剣に何かに取り組んでいると、誰も干渉しません。
そのため、自身の空間、例えば会社みたいな感じで、騒ぐときは騒ぎ、真剣な時は邪魔されない。
また、仕事から帰ると、暖かく迎えてくれる仲間がいるというのは、気持ちのいいものでした。」

といった具合に、プライバシーは確保されつつ、集団で行動することもできるといったメリットが見えてきました。
また、周辺相場より安く借りることが出来ることは非常に魅力的ですね。

1人暮らしがさみしいと思う方には、最適ではないでしょうか?

あと、友達たくさん作ることができます。
SNSの仲間と現実の仲間充実は、居間の20~30代には魅力的ではないでしょうか?

ソーシャルアパートメントなら、ハウス内でイベント企画できるので人数集まればサクッと遊べちゃいます。

グルメの会を作って低コストでエンゲル係数高めの食事をしたり、
みんなでボルダリングをして楽しい生活を送ることもできるでしょう。


FavoriteLoadingお気に入りに追加
お気に入りに追加して頂くと、記事の再確認ができます。
もちろん無料!
お気に入りに追加した記事一覧を確認
※ 新規ページで開きます。

新着情報を受け取れます。

*
*
* (公開されません)

人気記事